『起業・創業期はキャッシュフローが大事』

キャッシュフローを簡単に説明すると、現金入金と現金出金の動きのことを言います。

起業・創業される方が勘違いされやすいことの1つに、「売上=現金入金」と思い込んでしまっている点が挙げられます。

例えば商品を販売したとします。

即日現金で回収できる場合は「売上=現金入金」となりますが、クレジット決済の場合はそうもいきません。

また、企業間の取引となれば、掛回収(当月末までに販売した金額を月末に締めて請求し、翌月末に振込にて回収するケースなど)となることが多く、商品が売れたとしても直ぐに現金化しません。

一方、商品や材料の仕入は「仕入=現金支出」といったことになるべくならないように決済条件を交渉することなどが求められます。

起業・創業期はまだ、信用が低く「仕入=現金支出」となってしまうことも多いのですが、キャッシュフローの観点から考えると、「現金回収はなるべく早く、現金支出はなるべく遅く」という形が作れれば、キャッシュフローも安定しやすくなります。

売上や利益といった財務諸表も大切ですが、特に起業・創業期は、実際に現金が動くキャッシュフローに注意しながら経営していくことが最も大切となります。

Follow me!

投稿者プロフィール

運営事務局
運営事務局
サイト運営を行っています。

Please Login to Comment.

前の記事

定款の書き方