新たなITインフラとして注目~ブロックチェーン~

ブロックチェーンという言葉を聞くと、仮想通貨ビットコインを思い浮かべる方も少なくないかと
思います。

そのブロックチェーンという技術を使い、データを安全に管理するサービスを提供する動きに注目
が集まっています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずにして信憑性のある
合意に達する方法を可能にする技術。

パソコンなどで入力された取引データの塊(ブロック)を参加する多くのコンピューターがデータ
を検証。
正しいデータの塊が積み重なり、データベースとなって正確なデータとして記録が完了するといった
流れ。

構造的に1ヵ所のデータを改ざんしても不正ができないため、データの信頼性が極めて高いと言われ
ている。

また、従来は、巨額の投資を行いデータ管理する必要があったものでも、ブロックチェーンの仕組みを
使えば、管理コストが劇的に下げられる点も注目を集める要因となっている。

ブロックチェーンの活用が見込まれるマーケットは?

ブロックチェーンの特徴として、第三者の仲介者(管理者)を置かずにデータ管理できる点が挙げられ
ます。

ブロックチェーンによる技術革新の影響が大きいとされる分野として、行政関係(戸籍、パスポート、
投票権、法人登記など)、不動産(建築の許認可、登記など)、金融(決済、送金など)、運輸
(配送手続きの記録、免許、車両データなど)などが挙げられる。

また、ブロックチェーン技術は、フィンテックの大本命とも言われています。

そこで、ビットコインを手掛けるビットフライヤーは、ブロックチェーンを活用するベンチャー企業
(金融以外の分野への活用も含む)へ投資するファンドを設立するなどといった動きもある。

 

まとめ

欧米や新興国の金融機関では既に、ブロックチェーンの技術を取り入れることで、大幅なコスト
削減が見込めるのでは、と関心を高めています。

「クラウド」の次の技術として、これからもブロックチェーンには目が離せませんね!

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。